yumeS’s blog

気まぐれ日記

最近の興味

最近読んだ本

・正欲 朝井リョウ

・ペルソナ-脳に潜む闇 中野信子

 

読みたい本

・新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門 単行本

 

「正欲」

f:id:yumeS:20210414112416j:plain

率直にとてもとても良かった。

決して爽やかな本ではないし、もやもやが残る部分も沢山あるけど、自分の想像が到底及ばない世界があるのだと(あくまでもフィクションではあるけど)実感した。

 

「どんな相手であっても、違いを受け入れよう」

「人とは違う自分も好きになろう」

といったある意味無責任な言葉でくくって固くなっていた自分の頭の中を、

ぐるぐるかき混ぜられるような感覚。

 

違いは存在している以上、自分が受け入れようと拒絶しようと、無くなりはしない。「多様性という言葉でくくり、みんな違ってみんないいと言ってしまうことで、考えることを放棄してしまっている」なんて考えたこともなかった。

変えていくべき部分も、課題も山積みだけど、表面だけを変えていくだけでは、

結局何も変わらないのかもしれない。

 

自分の考えが変わったところで、もしかしたら現実世界は何も変わらないかもしれない。それでも本を読む前後で自分が見ている世界が少し変わったから、それをもっと積み重ねていきたい。それでいい。

 

読み終わった後に、帯とかラジオで他の人の感想を聞いて、また楽しんでいる。

物語を早く知りたくて急いで読み切ってしまったから、後でじっくり読み直してみたい。

あと、この本を読んだ感想を他の人と話してみたい。

 

「ペルソナ-脳に潜む闇」

f:id:yumeS:20210414112520j:plain

正欲の後に読んだ本。

多様性という言葉こそ少ないものの、そういったことを考えさせられる本だった。

シャーペン片手に読み進めてみた。

線を引きながら読むと、ただ読み進めるよりも意識して読むことができるようで、良かった。

 

テレビで見て想像していた姿とは少し違う筆者の姿が、自分との違いを見せつけられるようでいて、面白いけど少し辛い。でも面白い。

 

無駄を許容できる社会は豊かなんだな。

自分の心は無駄を許容できているのかな。

 

色々思うところはあったので、また気が向いたら記録しておこう。

 

「新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門 単行本」

無駄を許容するとか、色々な知識を持っているということを聞いて、浮かんだタモリさん。

ちょっと調べてみたら気になってしまった。

こんな大人が自分の理想だなと思いながら、タモリさん関連の本を探していて見つけた。少し前の本らしく、定価よりちょっと高額だったから、もう少し考えてから購入を検討しようと思っている本。

 

特別、坂道に思い入れがあるわけではないのだけど、タモリさんのものの見方とか興味の持ち方とかが少しでもわかったらいいな、という気持ち。

 

広く深い知識をもった人間になりたい。

完全なるひとりごと

最近頑張ることをしなくなったように思う。

こういうことがしたい、こういう生活がしたい

 

だから、今これを頑張る。という考えがまるでない。

 

これちょっと興味あるかも、あ、でも英語できないと難しいのか、じゃあ無理だ。

こういう生活したいな、あ、でも人気なのか、じゃあ難しいか、やめとこ。

 

みたいな、自分でも何やっているんだろうと思うような自堕落な生活をしている。

就活も自己分析なんぞ、1mmもできてないんじゃないかな、と思うくらい適当になんとなく進めてしまっている。

そのくせ、頑張っている人をみてうらやましく思っている。

 

やらないからできないのに、人と比べてやらない理由探ししてるような感覚。

 

この1年間ずっとこんな感じ。

 

今はバイトも大してしていなくて、

就活中と言いつつ大して頑張れていなくて、

卒論もだらだらやってて大して進まなくて。

 

今日は何をしよう、どこまで終わらせようというメリハリが

皆無なのはどうしたらよいものか。

自分に期待しすぎなのか。。

 

親にもぐだぐだぐだぐだ愚痴を言っては

はぁ、やらなきゃ。。。といいつつ、何も進まない、の繰り返し。

親に甘えすぎだと思う。

 

書いてて、暗くなってくる。

とりあえず、完璧を求めず、目の前のことをきちんとやろう。

 

おわり。

イタリア~はじめに~

先日、イタリアに行ってきました!

大学主催の研修でしたが、観光もしっかりできてとても有意義な時間でした✨

 

この研修を忘れないように、自分の備忘録として授業はもちろん、寮での生活やミラノ観光についてそれぞれ記していきたいと思います✏

 

まず日程ですが、

2020年2月19日(水)に成田空港を出発し、2月27日(木)に帰国しました。

イタリアの滞在は19日(水)の夜から26日(水)の朝までなので、実質1週間弱くらい。

 

もともとは3/2(月)に帰国予定だったのですが、

今世間を賑わせているコロナウイルスの影響で、帰国が早まりました…

(悲しい…)

 

でも、この1週間ずっと楽しくて学ぶことの多い研修になったので、

個人的には大大大大大満足😊

本当に中止にならなくてよかった

 

今回の研修は、大学主催のソフトスキル(ソフトスキルについてはまた別の機会に説明します!)やリーダーシップについて学ぶキャリアプログラムの一環です。

 

でも、そんなにがつがつしていないというか、

基本的だけど意外と意識しないような内容だったり、

文化の違いを感じるかと思いきや実は意外と似てるじゃん!という発見だったり。

 

実際に行ってみないとわからないことって多いんだな~と発見がたくさんありました。

 

f:id:yumeS:20200302114859j:plain

これは「最後の晩餐」があるサンタ・マリエ・デッレ・グラツィエ教会!

の向かいの通りです(笑)

本当にイタリアってどこを撮っても絵になります…

最後の晩餐もしっかり見てきたので、あとでその感想も記します!!

(結局書かずに1年が経過してしまいました。遠い昔の話のようです) 

 

では、また!

 

もやもや

最近なんとなくもやもやしている。

 

言葉にするとどれもあてはまらないけど、

それでもどうにかして言葉にしないと

もやもやがずーーーっと心を覆って離れない。

 

もやもやの原因はだいたいわかっている。

将来が描けないこと、

夢といわれて思いつくものがないこと、

何かに全力になれないこと、

 

今なんとなく毎日を過ごしてしまっていること。

 

 

テレビで見るアイドル。

本当に多くのファンから歓声を浴びてステージで輝いている。

きらきらして、とてもまぶしい。

 

最近そんな彼らを見て、うらやましいと思った。

私の人生の中で、あれほど多くの人々を笑顔にできることがあるだろうか。

 

”持って生まれたもの”

 

そう言ってしまえばそれまでだけど、きっと彼らの魅力はそれだけではない。

 

あれほど多忙なのに、あれほど人気なのに、、、

まだまだ自分を磨こうとしている。

それぞれが新しいことにチャレンジしている。

努力している。

 

なのに私は。

 

何をしているのだろう。

何がしたいのだろう。

 

もしかしたらほとんどの人がそうかもしれない。

自分を追い込んだり、

周りが見えなくなるくらい何かに熱中できる人なんて

ほんの一握りなのかもしれない。

 

だからこそ、頑張っている人を応援したくなる。

自分にはできないからこそ

自分はそうなれないからこそ

ステージに立つ彼らが魅力的でいて見えるのかもしれない。

 

でも、私はそれだけで終わらせたくない。

 

目標に向かって努力する人は最高に格好いい。

だから自分もそうなりたい。

 

何千人、何万人を魅了する彼らのようにはなれないけど

自分も輝けるように

自分が輝いていると思えるように

 

そのためには何をすればいいのだろう。

 

今すぐに答えを出すことはできないけれど

その答えを探しながら、毎日を生きてゆきたい。

 

そしていつかその何かが見つかったとき

それを信じて素直にまっすぐ進んでゆきたい

 

 

はじめまして

ドーハ世界陸上で男子10種競技実況を聞きながら、初めての個人ブログを書き始めます。

 

このブログでは

旅行の思い出、日常の些細なこと、将来のこと、趣味、不安...etc

書きたいときに書きたいことを書こうと思います。

 

もし読んでくれる人がいるのなら、それはすごく有り難いことだなぁと思う反面、少し気恥ずかしい気もします。

 

ですが、日記など3日と続いたことのない私がどれくらい続けることができるのかという興味にも後押しされ、このブログを始めてみることにしました。

 

世界陸上中と言うことで、とりあえず陸上部だった高校時代のお気に入りの写真で締めくくります。

この山道をママチャリで走ったことが、のちに大学でロードバイクを始めるきっかけになるなんて、この時はきっと1mmたりとも考えてもいませんでした。

f:id:yumeS:20191002224909j:plain